お庭の管理方法(クズ駆除編)

お庭の中に、いつの間にか生えてきて、抜いても生えてくる一番厄介な植物の代表はクズという植物ではないでしょうか。

成長も早く、さまざまな除草剤を使用しても効果がない。庭木に巻き付いて大変なことになった。

そんなクズの枯らし方を紹介します。

 

クズの巻き付いたネムノキ画像

DSC_0707

 

ページリスト

  1. ケイピンエース
  2. 特徴
  3. 注意事項
  4. 使用時期
  5. まとめ

 

 

1.ケイピンエース

通常の除草剤とは全く異なった除草材です。

ケイピン

 

2.特徴

ケイピンエースはマッチ棒のような除草剤です。

強力な殺草力をもつイマザピルを、木針(楊枝状)に浸み込ませており、最も難防除とされる「クズ」を枯らすために作られた除草剤です。

持ち運びにも便利です。

枯らしたい植物にキリなどで穴をあけ赤い部分まで差し込むタイプです。

DSC_0477

他の植物を枯らすことなく、枯らしたいクズだけを枯らすことができます。大変便利です。

 

 

3.注意事項

 

赤い部分までクズに埋まるように差し込みます。

差し込み不足で薬剤が周囲に溶け出し、薬害を引き起こすことがあります。

かぶれやすい方は、手袋を使用して行ってください。

 

 

4.使用時期

通年利用可能です。

ただし、根株の見つけやすい秋~春が効果的です。

 

 

まとめ

他の植物を枯らすことなく、厄介なクズを枯らすことができるのは、ケイピンエース。

私が使用した結果ですが、クズ植物以外にも効果があり、勝手に生えてきて抜けなくなってしまった木にも効果がありました。


スポンサードリンク

「思い出の庭木を小さな盆栽に」

メモリアル盆栽 (2)図

投稿一覧