お庭の管理方法(除草編)

ウエガマさん庭2

お庭の管理をするうえで、一番大切になってくるのが除草になります。

いくら、上手に庭木のお手入れができても、雑草があると仕上がりが綺麗にはなりません。

 

理由

①剪定ごみの掃除が完璧にできない

②景石や歩道が隠れてしまう=メリハリがない

③虫や菌の住処になり、庭木の成長にも影響してくる

 

雑草が無くなると、庭が浮き出て見えてきます。

除草後

お庭の管理方法の中で一番大切なポイントとなります。

また庭師も、お家の方がお庭を大切にしていることに気付き、嬉しくなりしっかりとした手入れをしようと思うはずです。

 

では、具体的にどのように除草を行えばよいのか説明していきます。

一番良い方法から、挙げていきたいと思います。

 

①一つ一つ草の根を確認し抜き取る。

②草刈機で草を刈る。

③除草剤を使う。

 

説明していきます。

①一つ一つ草の根を確認し抜き取る。

雑草根

根から草を抜くことで、次に生えてくる雑草が少なくなります。タイミングとしては、雑草の種がこぼれる前の早い時期に引き抜きましょう。一度にすべて引き抜こうとするのではなく、毎日少しずつ範囲を決めて行うことが、長続きするコツになりなす。雨上がりの濡れた時に行うと、草の根から簡単に引き抜くことができます。一番大変な作業になりますが、年々雑草の数も少なくなり、一番確実な方法だとおもいます。

②草刈機で草を刈る。

ナイロンカッター

草刈機の刃の部分ですが、おすすめはナイロンカッターを使用すると、地面ぎりぎりで草を切ることができます。また、景石や、ブロックの際も綺麗に切ることができるのでお勧めです。庭を綺麗に見せるポイントは、際刈りを丁寧に行うことです。デメリットは、石が飛んで家のガラスが割れたりするので、しっかりと養生をすることです。また、根が残っているので雑草が生えてくるのが速いです。

③除草剤を使う。

サンフーロン

さまざまな除草剤があると思いますが、気を付けて頂きたいことがあります。それは、葉から枯らし地面に落ちると無害になるものかどうかです。粒剤の根から枯らすものを使用すると、植木も枯れてしまいますので気を付けてください。おすすめは、液体の葉から枯らすもの、例えばホームセンターにある、サンフーロンやラウンドアップといったものです。デメリットは、大切なお花にかかってしまうと枯れてしまうので、養生をしっかりと行いましょう。

私の除草方法は、除草剤を安全に使用できるところは除草剤を使用し、下草やお花があるところは手抜きを行う等の方法で簡単に除草作業を行っています。

自分に合った除草方法で、お庭を綺麗にしていきましょう。

上林さん庭5