お庭の管理方法(低木類の中の除草編)

サツキ 草

ツツジ類やツゲ等の低木の中に、雑草が生えてきて困っているお庭を目にすることがあります。

一番良い方法は、こまめに抜くことなのですが、木の中に入り込み除草を行うのは大変な作業になります。

そこで、カソロンという除草剤を使用します。

カソロン

カソロンは粒剤状の除草剤で、雑草が生えてくる前の1月から5月頃までに低木の中に撒きます。気温が高くなってくると除草剤の効き目が弱くなるので涼しい時期に行いましょう。

低木類の足元に雑草が生えにくくなり、スッキリとしたお庭に見えます。

ツツジ草なし2

 

カソロンの注意事項ですが、松類・モクセイ類・モミ・ニワウメ・ヒノキ・コウヤマキ・イチジク等の近くでは使用することができません。