お庭の管理方法(暑さ寒さに弱い木編)

今年は暑すぎて、寒すぎて、庭木の元気がないといったことはないでしょうか。

例えば、ハナミズキなどは暑さに弱く、葉っぱが萎れて変色します。オリーブは寒さに弱く、新芽が萎れます。

その様な庭木の管理方法を紹介します。

 

枯れ枝

 

ページリスト

  1. グリンナー・アビオン
  2. 特徴
  3. 期待できる効果

 

 

1.グリンナー・アビオン

これらは、植物用コーティング剤です。

 

グリンナー画像

グリンナー

 

アビオン画像

アビオンC

 

特徴

 

  • 雨、風、砂塵、乾燥、寒気、様々な傷から植物体を優しく強力にガードします。
  • 形成された皮膜は、手でこすっても、降雨でも剥落しません。
  • 光合成に必要な光の透過を妨げません。
  • 植物体の生命維持に最少限必要な、ガスや水蒸気の通過は妨げません。

 

期待できる効果

 

  • 生育時の潅水量節減
  • 霜・雹・寒波からの傷み防止
  • 病虫害等からの防護
  • 種苗の安定保存
  • 強風からの傷み防止
  • 台風等からの潮(塩)害防止

 

 

まとめ

 

元気のない植木(夏場の植栽など)の、葉っぱからの蒸散抑制にも効果的です。

また、液体肥料を混ぜると、早く元気になります。

私のおすすめはアビオンです。

 

遮光ネットを用いた方法もありますが、上手にくくりつけておかないと、飛んで行ってしまいます。また、見た目もあまりよくないような気がしますが臨機応変に使い分けましょう。

ハナミズキ


上手に庭木を管理していきましょう。

 

スポンサードリンク

 

「思い出の庭木を小さな盆栽に」

 

メモリアル盆栽 (2)図